読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチーーン!!

魚釣りばっかりしてる大学生のブログです。

ブラジル ネグロ川 ピーコックバス釣行記 前編

2016年11月、僕は小さい頃からの夢であったアマゾンで釣りをするという夢を叶えにブラジル、アマゾナス州の大都市、マナウスに降り立った

マナウスで数日過ごしながら情報収集をしていくと、僕が当時行きたいと思っていたバルセロス(最終的に行かなかった。笑)へ船が出る日はその日から数えて3日後とのこと

マナウスは僕があまり知らないだけかも知れないが観光名所的な施設があんまりないと思う

すでに数日滞在して正直やることが無くなって来ていたので僕は何処か釣りができそうな川沿いの町へ行くことにした

 

グーグルマップを眺めること数分。マナウスから陸路で行けそうな小さな町を発見。宿のブラジル人に尋ねてみるとその町へ向かうバスが毎日出ているとの事

 

釣りができるかはわからないがとりあえずマナウスにいても退屈なので翌日、向かうことに

 

川沿いの町へ

f:id:fukuiyuta:20170112132856p:plain

長距離バスターミナル

f:id:fukuiyuta:20170112133028p:plain

ブラジル初の長距離バス

なかなか快適でした

f:id:fukuiyuta:20170112133118p:plain

ネグロ川を渡る めっちゃでかいですw

f:id:fukuiyuta:20170112133908p:plain

f:id:fukuiyuta:20170112133557p:plain

本でも読もうと思っていたけどバスからの景色が新鮮で植物、土、水見てるだけで気づけば数時間が経ち目的の町に到着

 

優しすぎるブラジル人

到着すると小さな町なのでターミナルもなく道端で降ろされる

まずは今晩泊まる宿を探そうとフラフラ歩いてると五人ぐらい町人が駆け寄ってきて熱心に何か話しかけてくる けど何言ってるか全くわからないww

とりあえず指さし会話帳出して「ホテル行きたい」と言うと、ニターと笑って車に乗れと始めはちょっと怖かったけど普通にいい人そうなので乗せてもらうことに

でホテルに到着

値段を聞くと一泊2000円ほど。探せばもっと安い宿もありそうだったがせっかく連れてきてもらったのでここに泊まることに

チェックインを済ませ、荷物を置いて来ると「今から何するの?」と

で迷わず「ペスカ!」っていうと釣り場まで連れてってくれることに

おお!まじでありがたい!ムイトオブリガード!

f:id:fukuiyuta:20170112140551p:plain

宿まで乗せていってもらっただけでなく川まで連れてきてもらった

いやー優しいですブラジルの方は。オブリガード!!

 

アマゾンへファーストキャスト

とりあえず川には連れてきてもらったけど、、、

f:id:fukuiyuta:20170112141201p:plain

うん。広すぎて釣れる気がしない(笑)みんな泳いでるしww

多分ボウズのパターンだなとか思いながら投げ始める

その数投目

f:id:fukuiyuta:20170112141725p:plain

釣れたw初ピラニアww流石アマゾンww

 

で、今度は沖でカワイルカが魚を追っかけてる

流石に届かない距離だけどフルキャスト!!でチャッチャッチャッとやってると、、、

f:id:fukuiyuta:20170112142203p:plain

釣れたー!!ブラジルでの初ピーッコクバス!!

これくらいのサイズは後でアホほど釣れるんですがうれしかったなぁ

尻ポケットの指さし会話帳がリアルw

f:id:fukuiyuta:20170112143034p:plain

子供たちも興味持ってやってきたので投げ方とかを伝授

 

この後砂浜をうろうろしてるとよっぽど日本人が珍しいのか「ジャポネースww」とか爆笑しながら寄ってきて写真を頼まれるw

f:id:fukuiyuta:20170112143226p:plain

日本人はブラジルでもてるらしいw

この数日後に僕が止まっているホテルの前にJKくらいの子が10人くらい出待ちしてて、ホテルから出てくると撮影会が開始されるっていう人生最大のモテキがここで訪れたw

f:id:fukuiyuta:20170112143921p:plain

マンUルーニーに似すぎ(笑)

 

今度は投網をしてた人に呼ばれるとそこにはアスーが!!

f:id:fukuiyuta:20170112144109p:plain

初めて生で見るアスーにちょっと興奮してるとルアーを貸してみろと、、、

魚の口に引っかけてるw

これで釣った風に写真を撮れってww

f:id:fukuiyuta:20170112144827p:plain

断っても押し付けてくるので一枚ww(釣ってませんw)

 

そんなこんなで遊んでると日も暮れてきたので宿に帰りました

 

アスーきたー

次の日朝マズメから釣りをしようと日が昇る前に起きて歩いて川まで向かう

f:id:fukuiyuta:20170112145304p:plain

野良犬がいちいち絡んでくるので面倒くさい

 

川に到着してとりあえず投げる。その2投目くらい

f:id:fukuiyuta:20170112145707p:plain

釣れたwアスー模様が入りかけでかっこいい

こんな適当な場所であっさり釣れるもんなんやと逆に驚く(笑)

 

 

今度はマナウスの釣具屋で買ったビッグスイッシャーを試そうとペラを曲げては投げて音を聞きながら調整していく

ズバーン!ズバーン!ズバーン!、、、(いい音出てきたな~)とか思ってると

ドバーン!!

その3倍くらいの音で水面が爆発したw

想像以上の引きの強さにビビりつつも上がってきたのは

f:id:fukuiyuta:20170112150842p:plain

アスーきたー!!かっこよすぎ!!

f:id:fukuiyuta:20170112151054p:plain

このゲーム性にこの美しさ。世界最高峰のルアーターゲットと言われるだけの事はあるなと

 

ツクナレ料理

先ほどのピーッコックバスは昼飯にしようとキープして持って帰ると宿の近所のおばさんが料理してくれることに

f:id:fukuiyuta:20170112151855p:plain

ツクナレをちょっと辛めのスープで煮込んだもので、今思い返すと一か月ほど滞在した南米で一番おいしいごはんだった(個人的にご飯は大概不味く感じたw)

 

釣り三日目

その翌日、マナウスに戻ることに決めていたので朝少しだけ釣りをすることに

f:id:fukuiyuta:20170112154328p:plain

ラニア連チャンから始まり

f:id:fukuiyuta:20170112154410p:plain

ジャンピンミノー

f:id:fukuiyuta:20170112154447p:plain

リップローラー

ほんと魚一匹一匹模様が違うので釣るまでも楽しいし釣った後も楽しくて全然飽きる気がしない

釣りをしてると時間が経つのはあっという間でバス出発の時間が迫ってきていたのでここでの釣りはもう終わり

 

釣りたかった魚の一つであるツクナレアスーが意外とあっさり釣れて精神的に結構楽になった前半戦だった

 

コブダイおりゃーー!!

ただでさえ寒いのに釣り物が少なくなり釣りに行く気力が削がれるこの季節

何を釣ろうか悩んでる時に最近話題のコブダイ釣ろうと思って淡路島に向かった

 

f:id:fukuiyuta:20170109005236p:plain

タックルは日本の内水面から近海だとこれで獲れない魚はおらんでしょって感じの道具達で

f:id:fukuiyuta:20170109005400p:plain

で、ぶっこむ。エサは釣具屋で買ったアケミ貝

竿をくくっておかないとダイブするらしいのでちゃんとくくっておいた。笑

 

とにかく待つ

基本的にルアー釣りメインの僕には結構苦痛w

ライトロッドで根魚を狙ってみたが小さいベラばっかり釣れてすぐに飽きるw

 

イソメをぶっこんでた安東くんさんにあたりが

でも全然突っ込まないしコブダイではなさそう、、、

f:id:fukuiyuta:20170109005304p:plain

コブダイでしたw

コブも出てなくてサイズも小さいのでたぶんメス

このコブダイというおさかな、生まれた時は皆メスで成長して大きくなるとオスになるらしいです

どういう意図でメスからオスに性転換するようになったのかが気になる、、、

逆パターンの成長した時にメスだった方が卵も多く蓄えられて得だと素人の僕は思ったんですが、、、

 

その後もとにかく当たりが来なくて諦めかけたころにリールのクリッカーが鳴り響く

今までクリッカーなんか使ったことのなかった自分はあの音聞いてテンションぶち上がるww

急いで竿掴んで合わせを入れるもまさかのすっぽ抜けw

 

この日最大のチャンスを無駄にした後はアタリは無く、漁港でガシラ釣って帰りましたw

 

 

 

で、数日後またセカンドアタック

今回餌はちょっと奮発して牡蠣を購入

奮発したといっても餌持ちがアケミ貝よりもかなり良かったので前回よりも安く済んだ(前回のアケミ貝は仕入れから日が経っていたのか身がカスカスだったw)

 

またぶっこんで待つ、、、

堤防際を覗き込んでみると時たまコブダイが見え、目の前に牡蠣を落とすが案の定スルーされるw

 

待つこと3時間ほど

適当にフラフラしてたらいきなりバタバタし始める竿。ダッシュで駆け寄って戦闘開始!

いきなり根に巻かれてるw

が、テンションかけたり緩めたりしてると出てきた。

雷魚ロッドがブチ曲がるwうん。楽しいw

確かに突っ込みはスゴイ。「カンダイのひとのし」と言われるだけのことはある

でもタックルがタックルなんで何の不安感も無く浮かせてきて数十秒で水面に横たわった

 

f:id:fukuiyuta:20170109003934p:plain

写真では何度も見たことあったけど実物はもっとかっこいい

この歯抜けじじいのような歯がランディングネットの網にやたらと引っかかったw

コブは噂通りのぷにぷに感(笑)

f:id:fukuiyuta:20170109003951p:plain

こんな魚が近場の海の防波堤で狙えるとは、、、

まだまだ地元を遊びきれてないと実感。

ブログ始めてみました

今更ながらちゃんとしたブログ始めてみました。

それなりに更新頑張って行こうと思います(笑)

f:id:fukuiyuta:20170109003321j:plain